1. HOME >
  2. ブログ >
  3. アーカイブ >
  4. 2015年9月

ブログ 2015年9月

アロママッサージの後は洗い流した方がいいのか?そのままでいいのか?との質問に関して/出張マッサージ「アロマセレブ東京」

いつもご利用有難うございます。
出張マッサージ「アロマセレブ東京」です。

さて、今回はタイトルにもあるように。
「アロママッサージの後は洗い流した方がいいのか?そのままでいいのか?」という質問に関しての話です。

簡単な答えでいえば、終わった後にベタつきが気になるなら洗い流せばいいし、気にならないならそのまま寝ましょうという話なのですが。

ただ、その店が使用しているマッサージオイルの種類にもよります。

他の記事でも書きましたが、ベビーオイルなどを使用しているお店の場合は、ベタつきが気になる事が多いので洗い流した方が良い場合もあります。
当店のような高品質な植物性100%オイルを使用しているなら洗い流さない方がベストといった感じです。
そもそも植物性100%の純粋なオイルであるなら、終わった後に乾いたタオルで軽く拭くだけでベタつきはそれほど出ません。
むしろ有効な成分を持つオイルを浸透させた方が効果的ですので、アロママッサージの後に洗い流しては勿体無いです。
大体1回120分のアロママッサージを受けると、50ml~100mlのオイルが皮膚に浸透していきます。もちろん植物性の話ですが。
そのとても良い成分を取り込むのもアロママッサージの目的だと思ってください。
全く浸透しないベビーオイルなどはアロママッサージの観点からみると意味がないものになります。

massage_imege49.jpg

アロマセレブ東京で使用しているオイル、最高品質の特Aグレードの「ホホバオイル」です。
相当な高級店でなければこのクラスのオイルを基本ベースで使用するお店はありません。
正直かなり高いオイルを使っております、よりお客様の肌に対して最高のものをという考え方においての経営判断です。

このような理由により、もしお客様がアロママッサージが終わった後に、ベタつきが気にならないようでしたらシャワーなどは浴びずに
そのまま眠られる事をお勧め致します。翌朝には肌がしっとりとツヤツヤっとした感じを体験していただけます。

受けられる前に、お店のスタッフの方にオイルは何を使っているのか聞いてみると良いでしょう。


余談ですが。

アロママッサージの後に着た服についたオイルが取れないとお悩みの方も多いはず。
特に植物性の場合はそのままにしておくと酸化臭という嫌なニオイが出てきます。こうなると洗濯をしても取れません。。。
そうなる前に早めに洗濯が大事ですが、普通の洗剤ではオイルは取れにくいのです。
そこで便利なのが、「オイルナックス」という洗濯の際に入れるオイル取りの洗剤です。これを洗濯洗剤と一緒に入れて洗うと、
完璧ではありませんが、そこなりにオイルを除去してくれますので、オススメです。




アロマセレブ東京が、出張マッサージで使用するオイルについて。ベビーオイル等は使用していません。高品質な植物性100%を使用していましす。

いつもご利用有難うございます。
出張マッサージ「アロマセレブ東京」でございます。

今回は当店でアロマの際に利用しているオイルに関して書いておこうと思います。

一般的な出張マッサージ店でお客様に使用しているマッサージオイルは正直質が悪い安いものが多いです。
ベビーオイルとかをアロママッサージで平然と使っているお店がほとんどです。
アロママッサージがまるで分っていない経営者がよくやってしまうミスでもあります。
何故ベビーオイルなどがダメなのか?
それは、アロママッサージはそもそも精油と言われる植物から抽出される香りの元を使用しています。海外では薬で使用しているほどに人体に対して効果的で、
有効性も高い成分を含んでいるのが精油なのです。
アロママッサージはこの精油を体内に浸透させる事を目的としたトリートメントになります。
そこで、その精油成分を素早く浸透させるためにベースとなるオイルとしてキャリアオイルと呼ばれるオイルに精油を希釈して使用しているのです。
オイルにも種類が色々あります。
代表的なものですと下記となります。
①植物性・・・ホホバオイル、グレープシードオイル、スイートアーモンドオイル、オリーブオイルなど
②動物性・・・馬油、ミンクオイル、スクワランオイルなど
③鉱物性(石油系)・・・ベビーオイルなど

基本、アロママッサージはでは①の植物性を使用しなくてはなりません。
理由として、植物性は肌への浸透力が高いです。我々の皮膚にはバリアーがあり外部のものは基本的には皮膚を介して中に入ることは難しいのですが、
植物性100%のオイルは成分の分子構造が細かいため容易に肌内に浸透させる事が可能です。
この浸透力の高い植物性のオイルに精油を溶かし込み肌へ塗布することによって、アロママッサージの目的である成分の浸透が可能となるのです。

では、②の動物性はどうでしょうか?
動物性は多少の浸透はあれど、基本的に分子が荒いので浸透が悪いです。また、動物性独特のニオイが、精油の良い香りを邪魔してしまいます。
これでは、癒し効果も半減してしまいます。よって動物性オイルも避けるべきでしょう。

では、③の鉱物性オイルについてですが。先に書いたように出張マッサージがよく使っているベビーオイルはこちらに分類されます。
ベビーオイルなどの鉱物性のオイルは分子が極めて粗いため肌への浸透がありません。
これらのオイルは、肌に膜を作って肌を保護するオイルとなります。浸透が目的ではないのです。
この肌膜を作るオイルをアロママッサージに使ってしまっては、精油の浸透を妨げるばかりか全く意味のないものになってしまいます。
アロママッサージの際に鉱物性のオイルは避けるべきでしょう。

では、何故一般的な出張のお店はベビーオイルを使うのか?
理由は安いからです。
終わった後にベタつき感も高いベビーオイルなどはオススメではありませんね。

massage_imege50.jpg

アロマセレブ東京では、アロママッサージの際に使用するオイルには徹底的にこだわっています。

最高品質の特Aグレードの「ホホバオイルクリア」を使用しております。
このオイルは植物性の中ではもっとも安心安全なオイルとして有名で、我々の肌の中にあるワックスエステルと同じ構造を持っているため、
スムーズに浸透し、アレルギー反応も極めて起きにくいオイルです。
肌の保湿力も非常に高く、肌をしっとりとさせてくれるものです。

このホホバオイルに、英国製の精油をブレンドして当店では使用しておりますので、オイルの効果も実感していただけるのではないかと思います。

出張マッサージ
アロマセレブ東京




1

« 2015年6月 | メインページ | アーカイブ | 2015年10月 »

このページのトップへ